1月

2020

自社独自の機能が重要に!

USENが法人向けサービス「USEN BROAD-GATE 02」にてMDMサービスをスタートさせましたよね。名称は「モバイルマネージャー」というもので、このサービスについてのメリットが書かれていたのを見ました。MDMとはモバイルデバイス管理のこと。導入することによって、企業は様々なメリットがありますが、USENの「モバイルマネージャー」の場合には、「マルチOS、マルチデバイス対応なのでOSやメーカーが異なるスマートフォンを一元で管理でき、セキュリティ管理や遠隔操作が可能」「「プロファイル削除不可機能」や、「SIMカードロック機能」など、OSごとに特化した独自機能でより高いセキュリティを実現」「アクセス権限を管理者毎に細かく設定でき、他社のMDMと違ってグループを階層化することが可能」という3つのポイントが挙げられていました。以前のMDMでは、アンドロイドのみ現在対応、とかiOSのみ対応、ということを目にしていましたが、企業でMDMサービスを利用するとなれば、OSごとにMDMサービスを使い分けるというのは非常に面倒ですよね。また、他の会社が行っていないグループを階層化できるというもの魅力のようで、今後はこのように自社独自の機能が充実している会社のMDMDサービスが選ばれていくようになるんでしょうね!
参考リンク http://ascentnet.co.jp/mdm-modem/mdm%E6%A9%9F%E8%83%BD/apple-ios-mdm/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>