3月

2019

mdm導入時に比較しなければいけない導入目的

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を管理するmdmの導入は必須となりつつありますが、どのmdmツールを導入するかによって、使いやすさ、コストパフォーマンス、機能などには違いが出てきます。つまりmdmを導入する時には、mdmをしっかりと比較して、自分の企業や組織にあったmdmを導入する必要があるのです。まずはmdmの導入目的と機能要件をしっかりと明確にする必要があります。自分の企業で必要のない機能が付いているmdmを導入したところで大したメリットはありません。
自分の企業は、mdmを導入することで何を得たいのか?何を目的にmdmを導入するのかをしっかりと明確にすることで、それぞれのmdm製品を比較しやすくなるでしょう。
mdmの導入は多くの企業では端末の管理やセキュリティ対策、資産管理などが一般的です。導入する企業の個別事情に応じて、それぞれ異なる優先度を持った導入目的や機能要件を想定し、理想的なmdmを導入する必要があるでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>