12月

2018

mdm導入におけるモバイルデバイス端末の利用制限

スマートフォンやタブレットは会社に行かなくても、外出先、通勤中、出張先などでもいつでもどこでも仕事をすることが可能です。会議資料をチェックしたり、メールを確認したり、モバイルデバイス端末があることでできる業務はたくさんあります。
そのため多くの企業では業務効率アップが図れるモバイルデバイス端末の導入が進められています。モバイルデバイス端末は業務で利用する場合には、業務効率アップにつながりますが、逆に業務外で勝手にモバイルデバイス端末を使用してしまうと、業務効率は低下してしまいます。
そこでmdmを導入して、会社から支給されたスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の利用を制御することで、無駄な利用を未然に防ぐことができます。
業務外のアプリケーションやウェブサイトの使用を制限することが出来れば、業務の妨害にはならず、業務効率アップにつながります。
mdmを導入することで、アプリケーションの制御、Webフィルタリングなど、モバイルデバイスに各種の制限をかけて、本来の目的を見失わないようにしていきます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>