11月

2018

市場拡大のmdmの製品選び

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の導入は、企業において急ピッチに進められています。教育現場においても2020年までに1人1台のタブレットを配布して、ICT教育に力を入れると国として方針を掲げています。今後モバイルデバイス端末の市場はさらに拡大されることが見込まれます。それに伴ってモバイルデバイス端末管理をするmdmの市場も盛り上がっています。日本国内のmdm市場では、国内製品だけではなく、海外製品もあり、たくさんのmdmが登場しています。
それぞれmdmの製品によって管理できる端末や管理料、機能などは異なります。管理者側の使いやすさなども異なってくるので、mdmを選ぶ時には慎重に選ぶべきでしょう。
mdmの機能はそれぞれ製品によって違いがあるものの、モバイルデバイス端末のデータ資産を適切に保護、保全をしたいという目的でmdmを導入する企業は多いです。
また近年増えている端末の法人契約だけではなく、個人のモバイルデバイス端末を業務に使用するbyodに対応しているmdmもあります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>