11月

2018

byod導入で問題となる課題

byodを導入する企業や組織は年々増えてきています。
byodは企業の生産性と従業員の満足度を両立させることができます。このbyodとはbring your own deviceのことであり、個人が所有するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも活用、利用することを言います。
急速に普及するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の法人利用においてこのbyodは様々なメリットをもたらします。
byodを導入することで企業側としてはモバイルデバイス端末配給にかかるコスト削減につながります。
ただbyodはメリットだけではなく、セキュリティの観点からも課題はたくさん山積みされています。その課題をクリアにしながら導入することでより効率的なモバイルデバイス端末を活用した業務を行うことができるでしょう。どこでも時間や場所を問わずにインターネットを利用できるスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は業務においても欠かせない存在となっています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>