7月

2018

byod事例にみられる課題と問題点

byod導入事例の企業では業務の効率アップや、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末支給に伴うコスト削減などメリットが多いです。
しかしその反面、会社側としてはデメリットを感じることもあります。例えば、プライベートでスマートフォンやタブレットでアクセスしたサイトでウイルス感染をしてしまったり、プライベートでインストールしているアプリの影響を受けt、業務に関する情報が第三者に漏洩してしまう危険性も秘めています。
byodで使用するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデビアス端末には特定のアプリのインストールを禁止するという企業もありますが、個人所有のモバイルデバイス端末になるので、アプリのインストール制限やアクセス禁止などの制限がどこまで認められるかという部分は慎重に検討する必要があるでしょう。私物のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の場合、全ての使用を禁止することは難しいのでその点の兼ね合いを考えなければなりません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>