6月

2018

中学校でのmdm導入例

mdm導入事例は増えており、それぞれの導入事例によって選ぶmdmや活用方法などは変わってきます。
特に教育現場においてはiPadなどのタブレット端末を生徒1人につき1台支給する方向で進んでいます。
同支社中学校では、iPadminiの1人1台環境をスタートし、毎年300台ずつの導入を進めて、最終的には中学校全体で900台のモバイルデバイス端末が管理できるようにmdmを導入しています。
ITリテラシーが発達段階にある中学生が、iPadなどのモバイルデバイス端末を日常的に使うことを考慮しながら、セキュリティ対策や利用制限などをmdmの機能で一元管理しています。
遠隔操作可能なmdm導入を進めることで、効率よく安全なモバイルデバイス端末の運用が可能になります。
アプリのインストール、管理、アップデートにはmdmを活用しています。また中学生によく起こる端末の紛失、パスワードの管理などの問題点も、mdm機能が役立っています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>