5月

2018

VPPとは?

VPPとはVolume Purchase Programの略であり、企業などの組織がAppやブックを一括購入しtえ組織内のユーザーに配布できます。
VPPストアで学校や企業用のコンテンツを購入した場合、購入したコンテンツをユーザーに割り当てる、モバイルデバイス端末に割り当てる、引き換えコードを支給するという3つの方法でユーザーに直接配布することができます。
VPPで新たに購入したコンテンツがmdmツールで割当対象として表示されていない場合には、VPPサーバートークンは初回ダウンロードから1年間有効になります。1年が経過する前に、VPPストアのアカウント概要セクションを開いて、新しいトークンを入手する必要があります。
またパスワードを変更した場合も、同様の手順を実行する必要があります。
台数分のApple ID取得作業から、VPPを利用してiPadやiPhoneにデバイス端末単位でアプリを配布する方法もあります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>