4月

2018

Bring your own deviceを成功させるためにmdmでのしっかりとした管理が重要

Bring your own deviceは日本企業においても導入する会社が増えてきています。
Bring your own deviceは個人で所有するスマートフォンやタブレットを業務でも使用するものであり、企業としては端末の配布などをしなくてよいのでコストカットにつながります。また従業員としても使い慣れたモバイルデバイス端末を業務で使用できるので業務効率がすぐにアップするでしょう。
ただ個人で使うスマホと業務で使うスマホが一緒になると、アドレス帳やカレンダーなどを共有する形にしてしまうと、情報流出してしまった時などが大変になるため、アプリで使い分けるなどの工夫が必要となります。
これはmdmツールで管理するとよいでしょう。
またアクセス方法でもクラウドサービスを利用していない場合には、会社のネットワークに接続する必要があります。
会社に関係する情報だけをロックするなどのmdmツールのしっかりとした仕組みがなければ、Bring your own deviceはうまく成り立たず失敗してしまうでしょう。http://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/tag/byod/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>