2月

2018

効率的な管理が可能なmdm

教育機関でスマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスを導入する場合、企業での導入に比べてアプリのインストールや配信、削除などの設定が多くなる場合があります。教育現場では授業で使用しなくなったアプリは削除して、また新しいアプリをインストールするという作業が継続的に必要になってきます。それらの設定を管理者側が手作業で行うのは不可能な話であり、mdmツールを使っての管理が望ましいのです。
Mdm機能を使って設定をすれば遠隔での操作で一括でアプリをインストールすることも可能です。またアプリインストール以外にもタブレットなどのスマートデバイス端末の運用改善や年次ごとのイベントに発生するタブレット端末の設定変更などを行うこともできるのです。
またmdmツールは一括設定だけではなく、グループ単位でのアプリのインストールも可能です。クラス替えや学年が上がったことによってアプリが必要なくなった時には削除も同様に行えるというメリットがあります。スマートデバイスの安全管理

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>