2月

2018

指定したWi-Fiエリアへのアクションを設定できるmdm機能

スマートフォン、タブレット端末、ノートパソコンなどのスマートデバイス端末を企業で導入する場合、しっかりとセキュリティ設定を行わなければなりません。ゾーニングアクション機能と呼ばれるセキュリティ設定、監視設定ではロック、サイレン、初期化、個別データ削除、フィーチャーセットなどの適用が選択可能です。
例えば禁止エリアへの侵入が行われた場合、侵入を探知したらカメラ機能を制限するなどの設定が可能です。また持ち出し禁止のスマートデバイス端末が持ち出されてしまった時などは、退出を検知した時点でロック作業が起こり、警告音のアラームが鳴るように設定しておくことも可能です。また学校でスマートデバイス端末を導入した場合には、学校と家庭でスマートデバイス端末に適用する設定を変えたい場合には、そのような設定をスムーズに行うことができます。例えば学校では学校のWi-Fiエリアでの設定になりますし、家では家のWi-Fiエリアでの設定になります。MDMとは?企業のモバイルデバイスを安全管理

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>