2月

2018

個人、企業どちらでも利用可能なMDM

個人や企業端末、モバイルデバイスのプラットフォームを問わず、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを一元管理することができるmdmは、モバイルデバイスを円滑に使用するためには欠かせない管理ツールとなっています。基本的にmdmツールはモバイルデバイス端末を紛失したり、盗難されたりした時の外部への情報漏えいを防ぐセキュリティ対策のために利用されることが多いです。しかし近年のmdmでは、セキュリティ対策面はもちろんですが、それにプラスαして様々な機能がついたmdmが登場しています。コンテンツの共有やアプリケーションの活用、業務システムとの連携など、業務の効率がアップするような操作ができます。
このような+αの機能は、アプリケーション管理や活用をmam、コンテンツ管理・活用をmcm、VPNアクセス管理・活用をmvmと呼んでいます。これら全ての機能がついてればMDMでオールインワンの提供が可能になるのです。国内のBYOD(Bring Your Own Device)の状況 – MDM Blog

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>