3月

2017

SFAとPDCA

PDCA、計画、実行、評価、改善というサイクルをしっかりと回していくことで売り上げの拡大を目指す。最初このPDCAは製造の現場で使われていた言葉だそうですが、最近では営業の現場においても頻繁に利用されるようになってきているとか。

営業の現場でこのPDCAをうまく回していくために必要とされているのが、営業支援ツールのひとつであるSFAなんだそうです。

SFAを活用していくことで、営業現場は時間、手間といった人の負担を軽減し、業務を効率化することができるようになります。オンライン、リアルタイムで営業マンが入力した情報は社員全員にも確認できるようになるため、修正するべき点があれば迅速にそれを伝えることも可能となり、業務の無駄、あるいは失敗を減らすことも可能となります。

今まで個人で持っていた様々な情報を共有化できるようになるので、チーム内、社内の営業力を強化することができるようになります。

営業現場のPDCAとSFAがこんなに密接な関係にあるとは、おどろきでしたね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>