3月

2017

SFAとPDCA

PDCA、計画、実行、評価、改善というサイクルをしっかりと回していくことで売り上げの拡大を目指す。最初このPDCAは製造の現場で使われていた言葉だそうですが、最近では営業の現場においても頻繁に利用されるようになってきているとか。

営業の現場でこのPDCAをうまく回していくために必要とされているのが、営業支援ツールのひとつであるSFAなんだそうです。

SFAを活用していくことで、営業現場は時間、手間といった人の負担を軽減し、業務を効率化することができるようになります。オンライン、リアルタイムで営業マンが入力した情報は社員全員にも確認できるようになるため、修正するべき点があれば迅速にそれを伝えることも可能となり、業務の無駄、あるいは失敗を減らすことも可能となります。

今まで個人で持っていた様々な情報を共有化できるようになるので、チーム内、社内の営業力を強化することができるようになります。

営業現場のPDCAとSFAがこんなに密接な関係にあるとは、おどろきでしたね。

3月

2017

顧客情報を一元化することで

顧客情報が社内に散らばっている・・。紙の情報がそのままになっていたり、ネット内のいくつかのシステムに分けられていたり、社内のあちこちに情報が散らばっている場合、一元化することで効率アップが期待できます。「あの顧客の情報はどこにあったっけ?」と探さなくて良いわけですから、精神的な負担も激減するでしょう。

それに、CRMを使って一元管理できれば属性ごとに顧客を把握できるようにもなります。例えば、年齢別、職業別に顧客を振り分けたい時も、すぐにできちゃうんですね。最近のCRMでは顧客の嗜好なども分析できるようになったため、より深い顧客情報を蓄積していくことができます。情報は溜まれば溜まるほど、多ければ多いほど分析の精度も上がるので、常にCRMに入力する必要があり、ここがCRMの面倒なところと言えるかもしれません。。

でも御心配なく。最近のCRMでは顧客自身がWeb上のフォームを利用して情報を入力してくれたり、顧客リスト、基幹システムなどを利用することで簡単に情報入力することが可能となっているんです。CRMも進化し続けているんですね~。

KnowledgeSuite

2月

2017

マーケティングのセンスがある人こそ

SFAに関するものなんですが、ヤフーの知恵袋に面白いQ&Aがありました。

大企業においては、営業、マーケティング、販売促進などの部門が分かれているところが多く、中小企業や個人経営の会社では営業とマーケティングを兼任、というところも多いでしょう。

どちらが良いのか。部門ごとにやるべき仕事を縦割りするのか、曖昧な部分もありつつ兼任していくのか。実はこれって会社内での永遠のテーマでもあるんですって。

商談が不成立だった場合、縦割り業務の会社ではマーケティングや企画を行う部署が、営業現場にその責任をなすりつける・・なんてことも数多いとか。反対に、兼任している会社ではやっぱりマーケティング、企画と営業は分けるべきだったとか。。どっちもどっちなのでしょうかね^^

そこで提案されていたのは、営業マン自身がマーケティングを行い企画立案して自分で動くこと。いやぁ~、大変だとは思いますが、「マーケティングのセンスがある人こそ、営業現場で稼いだほうがいい。」とアドバイス。なるほど、と思える回答でしたね。

営業支援システムについてはこちらの製品を参照しました。

1月

2017

SFAを使った日報管理で営業力をアップしよう

営業の業務日報はきちんと活用することができれば、毎日の営業活動を見直すキッカケになり、個々の営業力を大きくアップできるツールとなります。が、Excelなどを利用した日報は、手間がかかるだけでなく活用しにくいというデメリットがあります。社外にパソコンの持ち出しがNGな場合、日報作成するのにオフィスに戻る必要があるため、出張や外出が多い人にとっては負担が大きくなりがち。しかもその日一日分の動きしか記載しないから、過去の営業状況を確認したいと思っても探すのが面倒なのです。以上のようなデメリットを解消し、営業力をアップすることができるのが、SFAを使った日報管理です。日報の画面に予め記入しなければならない項目を設定することができるので、営業担当者はもれなく必要な情報を入力できますし、必要な情報をいつでも検索して確認することが可能です。しかもスマホやタブレットから記入ができるので、出先でも業務日報を作成することができるという。更に日報に入力した情報を、案件リストや顧客情報などに紐付けておけば、二度手間三度手間を省略することができますよね。過去の活動履歴をすぐにチェックできるため、それを基に営業活動の問題点を見つけたり、マネージャーが効果的な営業戦略をたてて部下にアドバイスすることができるというわけです。営業力を大きくアップしたいと考えている企業は、SFAを活用してみることをオススメします。http://www.damssy.net/mdm比較/

12月

2016

首都圏・新潟限定のCRM

首都圏と新潟に限定されているCRM、MagiLogic。ウイイングという会社がサービスしているCRMなんですが、「自由に業務システムをコーディネート可能」という点がウリなんです。

このCRM、いいですよね。地域を絞っているということは、その地域だけはしっかりサポートできますよということ。会社は秋葉原にあるようですが、全国対応します!というよりも、限られた地域だけだけどキメ細やかにサポートしてくれそうな気がします^^

また、そしてコーディネート可能ということは、対応力があるということ。最初に作成するプラットフォームも、選択するだけで作ることが可能だそうで、専門の知識が必要ないというのも助かりそうです。小さな会社では、IT知識に長けた人が必ずいるわけではありませんからね。最初の設定から楽だと、導入もしやすいと思います。
また、今使っているアプリとも連携させることができるので、初期投資も少なくて済みそうです!

12月

2016

ユーザー数が無制限なのが良い!

SFAソリューションをサービスしている会社のプライス表を見ると、だいたい1ユーザーにつきいくら・・、と書かれています。社員数が多ければコストもそれだけ増えてしまう、ということですよね。

でも、ユーザー数に制限が無い会社もあるんです。知ってました?営業部門の中でも、人の入れ替わりがあったり、必要なくなったり反対に追加が必要になったり。そんな時に、いちいち1ユーザーいくらだからなんて考えていられませんからね。

ユーザー無制限のサービスであれば、必要な時、必要な数を利用することができるので、これこそコストを無駄に使わなくてすみます。このサービスを行っているのが、Knowledge Suite(ナレッジスイート)なんです。しかも料金体系が非常にわかりやすい!1企業あたり初期費用は無料。SFA/CRM月額固定プラン容量5GBで50,000円なんです。

ユーザー無制限でありながら一ヶ月50,000円というのは良心的ですよね。もし、使ってみて自分たちの会社に合わなくても、これくらいの値段だったら解約しても惜しくはないかな~と思いますね。

11月

2016

PDCAサイクルをうまく進めるためにも

最近私は知った単語なんですが、PDCAサイクル。単語となっていますが、アルファベットの頭文字を並べたものですね。Pは計画のPLAN、Dは実行のDO、Cは点検のCHECK、そしてAは改善のACTIONからそれぞれ取られています。

今、営業の分野ではこのPDCAサイクルが鍵になっているんですが、このサイクルをうまく進めることができない企業が多いため、色んな工夫をしているんですね~。

例えば営業支援ツールとして利用されているSFA。スマホやタブレット端末を利用したり、コールセンターを設置することで、このPDCAサイクルをうまく進めることが可能となるんだそうです。

多くの企業ではPDCAサイクルを加速化させようとしています。すべての業務を今よりもっと早く進めれば、会社の業績は上がります。しかしただ早くしても成果につながるかはわかりませんよね。なので、PDCAサイクルを円滑に回すこと、それを加速化することが求められているんです。そして、SFAやCRMなどの営業支援ツールの導入が重要視されているんですね。

11月

2016

プレゼンでのスマートフォン活用

仕事をするならスマートフォンよりもパソコンの方が使いやすいというイメージがあります。が、近年はビジネス向けのアプリやサービスが次々に生まれており、スマートフォンの利用範囲はどんどん広がっています。例えば資料作成からプロジェクターでの投影まで、プレゼンテーションに必要なすべての作業をスマートフォンで出来るんですよ。まず資料作成には、メモアプリ『evernote』のプレミアム会員向け機能「プレゼンテーション」を利用します。これを使えば、入力した文字や画像がプレゼンに適したレイアウトに自動調整されるから、時間がない時でも簡単なんですよ。そしてスマートフォン画面に表示させた資料をプロジェクターで映す方法は、AppleのLightning―VGAアダプタを使ってiPhoneとケーブルでつなぐだけ。またはiOSのエアプレイ機能とiPhone画面をパソコンに表示させるリフレクター機能を使って無線でつなぐこともできますよ。工夫次第で簡単にプレゼンテーションの準備ができますね!この他にもスマートフォンを上手く仕事に活用しているという方はたくさんいるでしょう。そういった身近な事例を参考にして、自分でもどんどん取り入れていきたいものですね。

11月

2016

報告だけの会議であれば

SFAの代表的な機能として営業活動のプロセス管理、共有化といったものがあります。この機能によって営業マンは商談を終えてすぐに空き時間を利用して日報をスマホやタブレットで入力。時間と手間を節約することができるようになったんですね。しかも共有化できるので、上司や同じ部署内の営業マンにも自分の商談の進度状況が分かるようになり、もし商談の方向性が違っていればすぐに指示やアドバイスをもらうことができ、商談を成功に導きやすくなります。

このようなメリットとともに、営業活動のプロセス管理と共有化は別のメリットももたらしてくれます。それは無駄な会議を行わなくて済む、ということ。

会議にもいろんなものがありますが、報告だけの会議っていうものも多いですよね。各営業マンが今月どれだけの商談を行い、実績を上げたのか。これらを報告するだけの会議であれば、SFAを毎日チェックしていれば済むことなんです。

会議一つでも多くのコストと時間を要します。SFAのメリットは活用するべきですよね。

sfa とは

10月

2016

複数の遠隔会議システムを繋ぐ『Cisco CMR Cloud』

パソコンやスマートフォン、タブレット端末の普及により、遠隔会議システムを導入する企業が増えているそう。遠隔会議システムと一言でいってもビデオ会議やWeb会議、電話会議といった異なる形態があることはご存知でしょうか。それぞれのシステムは映像配信の形式などが異なるため、併用して使う場合は複数の専用機器を導入する必要があるんですよ。その額なんと数百万円規模に上ることも…これでは導入したくても諦めざるを得ない企業も出てくるでしょう。そこで登場したのが、それらを連携させるクラウドサービス『Cisco Collaboration Meeting Rooms Cloud』(Cisco CMR Cloud)なのです。Web会議サービス『Cisco WebEx』のオプションサービスとして提供されており、価格は1ライセンス月額1万円程度。これなら高価な初期コストを抑えて、柔軟な遠隔会議環境を実現できますよね。参加者全員でプレゼン資料を共有しながら、オフィス内にいる社員は会議室内の専用端末からミーティングに参加し、社外にいる社員はパソコンやスマートフォンから参加できるのです。リモートワークや在宅勤務にも活用できるサービスだと思います。