7月

2018

リモートワイプの問題点とは?

リモートワイプはmdmの基本的な機能として有名です。盗難や紛失によるモバイルデバイス端末内の顧客情報や個人情報、機密情報が第三者に流出しないように、遠隔操作でモバイルデバイス端末の操作を行い、端末内の情報を消去したり、初期化したりする機能のことを言います。
このリモートワイプは非常に優れた機能である反面、成功率は低いとも言われています。ここではリモートワイプの問題点について考えてみます。
まずリモートワイプの問題点としてあげられるのが、端末を紛失してからリモートワイプを実行するまでに時間がかかってしまうということです。時間がかかってしまうと、その間に悪意のある第三者に情報を盗まれてしまうこともあり意味がなくなってしまうのです。
スマートフォンやタブレットを紛失したことに気づくのが遅れてしまったり、紛失した後、情報システム部門に報告するのが遅くなってしまったりするとリモートワイプを行っても意味がない場合もあるのです。

7月

2018

mdm市場が拡大するわけ

mdm市場は今後さらに広がっていくと言われています。国内では様々なmdm製品が登場しています。各OS標準mdm機構に対応したmdmサービスもあれば、それぞれのデバイスのみに対応しているmdm製品もあります。
mdmを利用することによって安全性の高いモバイルデバイス端末の管理機能につながります。
mdm市場はスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末が普及すればするほど必然的にさらに大きくなるでしょう。mdmでスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を管理すると、管理者側のメリットとして簡単に管理ができるいう点があります。組織情報に沿ったモバイルデバイス端末の選択や操作を行えます。またmdm製品によって管理者に優しいUI/UX設計を行っており、マルチデバイス端末やマルチキャリアを一元して管理できるため、管理デバイスの急な変更にも柔軟に対応することが可能です。
またmdmを利用することでモバイルデバイス端末の運用効率を高められます。デバイスやアプリの機能制御をすることで業務に支障を来さずスマートフォンやタブレットを活用できるのです。

6月

2018

導入時の初期設定には欠かせないApple DEPとは?

Apple DEPはapple社が提供する登録サービスになります。Apple DEPを利用することで会社が所有しているappleデバイス端末を素早く、そして効率的に導入することができます。企業で大量のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する時にはこのApple DEPをうまく利用することで導入時におこなわなければいけない初期設定が非常に簡単になります。
Apple DEPに登録すればモバイルデバイス端末を簡単にモバイルデバイス端末管理ソリューションに登録することができるので、導入を手動設定する必要がなくなりますので、管理者の負担が大幅に削減できます。
モバイルデバイス端末を購入後、すぐに全てのセットアップを自動で行えるようになるのです。
Apple DEPとモバイルデバイス管理ツール(mdm)を事前に設定することで、リモート操作でセキュリティポリシーを自動設定することができます。
導入時のキッティングコストを大幅に削減できるとあって、多くの企業ではApple DEPに登録しています。

6月

2018

android端末管理におけるmdmの重要性

androidOS搭載の端末を企業で導入する事例は増えています。android端末はビジネス用途に活用することができますが、android端末を業務で利用する場合には、セキュリティ管理の根幹となるインベントリ情報など資産管理が課題となってきます。そこでandroid端末を企業で導入する場合には、端末管理としてmdmツールを用いた管理を行うことが一般的となってきています。
androidアプリ開発者にとって、企業向けのシステム開発では、androidをどのように管理するのかという課題は避けられません。mdmの現状を理解しながら、それを踏まえて考えなければならないのです。
android端末管理ツールであるmdmは、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業それぞれのポリシーに基づいて管理するという概念によって利用でいます。モバイルデバイス端末に関するインベントリ情報の収集など、モバイルデバイス端末情報を一括して一元管理する機能や、セキュリティ強化の機能など様々な機能によって、android端末に起こりうるセキュリティリスクに備えることが可能です。

6月

2018

中学校でのmdm導入例

mdm導入事例は増えており、それぞれの導入事例によって選ぶmdmや活用方法などは変わってきます。
特に教育現場においてはiPadなどのタブレット端末を生徒1人につき1台支給する方向で進んでいます。
同支社中学校では、iPadminiの1人1台環境をスタートし、毎年300台ずつの導入を進めて、最終的には中学校全体で900台のモバイルデバイス端末が管理できるようにmdmを導入しています。
ITリテラシーが発達段階にある中学生が、iPadなどのモバイルデバイス端末を日常的に使うことを考慮しながら、セキュリティ対策や利用制限などをmdmの機能で一元管理しています。
遠隔操作可能なmdm導入を進めることで、効率よく安全なモバイルデバイス端末の運用が可能になります。
アプリのインストール、管理、アップデートにはmdmを活用しています。また中学生によく起こる端末の紛失、パスワードの管理などの問題点も、mdm機能が役立っています。

5月

2018

mdmツールの比較ポイントはコスト面

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業で導入するにあたり、管理ツールであるmdmツールの導入も検討する必要があります。
mdm導入に際してはそれぞれのmdmツールの製品比較をしっかりとおこなった上で、どの会社のmdmツールを利用するのかを決めるべきでしょう。
mdmが全て同じ機能があるわけではなく、基本的な機能は同じだとしても、それぞれのメーカーならではなく特徴などがあるので、どの点を考慮してmdmを選ぶのかによって選定するmdmは変わってきます。
mdmを選ぶ上で比較するポイントはいくつかありますが、コスト面は重要な比較ポイントとなります。
運用や保守の効率化でコスト削減ができるmdmですが、mdmツールを利用するのにもコストはかかります。1台あたりいくらの利用料がいるのか?初期導入費用はかかるのか?などによっても費用は変わってきますので、確認する必要があるでしょう。

5月

2018

VPPとは?

VPPとはVolume Purchase Programの略であり、企業などの組織がAppやブックを一括購入しtえ組織内のユーザーに配布できます。
VPPストアで学校や企業用のコンテンツを購入した場合、購入したコンテンツをユーザーに割り当てる、モバイルデバイス端末に割り当てる、引き換えコードを支給するという3つの方法でユーザーに直接配布することができます。
VPPで新たに購入したコンテンツがmdmツールで割当対象として表示されていない場合には、VPPサーバートークンは初回ダウンロードから1年間有効になります。1年が経過する前に、VPPストアのアカウント概要セクションを開いて、新しいトークンを入手する必要があります。
またパスワードを変更した場合も、同様の手順を実行する必要があります。
台数分のApple ID取得作業から、VPPを利用してiPadやiPhoneにデバイス端末単位でアプリを配布する方法もあります。

4月

2018

Bring your own deviceを成功させるためにmdmでのしっかりとした管理が重要

Bring your own deviceは日本企業においても導入する会社が増えてきています。
Bring your own deviceは個人で所有するスマートフォンやタブレットを業務でも使用するものであり、企業としては端末の配布などをしなくてよいのでコストカットにつながります。また従業員としても使い慣れたモバイルデバイス端末を業務で使用できるので業務効率がすぐにアップするでしょう。
ただ個人で使うスマホと業務で使うスマホが一緒になると、アドレス帳やカレンダーなどを共有する形にしてしまうと、情報流出してしまった時などが大変になるため、アプリで使い分けるなどの工夫が必要となります。
これはmdmツールで管理するとよいでしょう。
またアクセス方法でもクラウドサービスを利用していない場合には、会社のネットワークに接続する必要があります。
会社に関係する情報だけをロックするなどのmdmツールのしっかりとした仕組みがなければ、Bring your own deviceはうまく成り立たず失敗してしまうでしょう。http://www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/tag/byod/

4月

2018

mdm比較ポイントはマルチプラットフォーム

企業での大量のスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末導入には欠かせないmdmツールの導入。
Mdmツールを導入することによってタブレットやスマホの一括管理が可能になります。
国内外で50以上のmdm製品がありますが、その中でmdmを選ぶ場合、mdmの比較が重要になります。
比較するポイントとしては、Windowsやandroidにも対応しているか?マルチプラットフォームmdmかどうかをチェックしてみましょう。
企業で導入されるスマートフォンやタブレットの主流はiOSですが、androidやWindowsの進化も加わり、プラットフォームにも大きな変化が出てきています。
そのため、マルチプラットフォームに対応したmdmを選ぶ必要があるでしょう。
各端末を1つのプラットフォーム上できちんと対応できるmdmを選ぶ必要があります。Windows端末を管理できるかどうかは重要なポイントとなるでしょう。
Windowsを含めたマルチプラットフォームのmdmを選定しておけば、導入には不安はありません。最新MDM 比較

4月

2018

モバイル端末管理に欠かせないmdmのリモートロック機能

企業でスマホやタブレットなどのモバイルデバイスを導入する事例は増えています。私達が消費者としてお店や会社に行く時にもモバイルデバイスを利用した接客などを目にする機会は増えているでしょう。
モバイルデバイスを大量に導入する上で必要となってくるのがモバイル端末管理です。
大量のモバイル端末を管理するのは管理者の手だけでは到底無理なため、mdmツールを用いたモバイル端末管理がおすすめです。
モバイル端末管理ツールであるmdmでは紛失時のリモートロックを備えています。
リモートロックとは操作できないようにスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末にロックをかけてしまう機能のことを言います。
このリモートロックがあることによって紛失、盗難時にも第三者への情報漏えいを防ぐ有用な機能となります。
またリモートロックを遠隔操作によって各モバイル端末にかけることによって、ロックした画面表示に電話番号などを表示することもでき、紛失、盗難された場合でも手元に戻ってくる可能性が高くなっています。リモートロック